離職率の低い働きやすい施設に転職しよう

長く働けそうな施設へ転職しよう!

長く働けそうな施設へ転職しよう!
  • トラブル回避に必須!退職時のマナーとは?

    退職間際に余計なトラブルを引き起こすことなく円満に退職するための退職時のマナーや手順をご紹介します。退職の意思を固めたからといってすぐに退職することができるわけではありません。退職の意向を伝える期間や組織の序列など就業規則からきちんと確認しておき、退職までのスケジュールを組み立てましょう。また、引継ぎや私物の整理なども前もって行っておくと周りの人に迷惑をかけることもありませんので、良い印象を残したまま退職することができます。

  • 譲れないポイントを書きだしておこう

    入職後にミスマッチを感じないよう、自分なりの譲れないポイントは明確にしておきましょう。もし給料に不満があって転職するのであれば給料が譲れないポイントとなるわけですが、その際は月収で比較するのではなく年収で比較するようにしましょう。基本給や各種手当、ボーナスの割合を明確に計算することができます。また、長く働きたいと考えているのであれば法人の規模も確認しましょう。施設をたくさん展開しているような法人は、収益が安定しているため好条件の環境で働くことができます。

  • 転職エージェントから受けられるサービスとは?

    業界の事情に精通し、さまざまなサービスを展開している転職エージェントは転職活動中の人にとって大きな味方です。なぜなら個人だと調べきれないような情報もたやすく調べることができるうえ、スピーディーさが必要とされる転職活動においてスケジュールをしっかりと調整してくれるため取りこぼすことなく応募することができるからです。また、転職エージェントでは応募先に沿った面接の対策を行っているので、採用される確率もより高くなります。

  • 履歴書の書き方を再確認しよう

    履歴書は採用担当者が一番初めに目にする重要なアイテムです。少しでも良い印象を与えることができるように読みやすいよう丁寧に書きましょう。最近はパソコンで作成した履歴書が主流になりつつありますが、福祉業界では手書きの方が熱意ややる気を伝えやすいのでよっぽど字に自信がない限り、手書きで作成することをおすすめします。書くときは誤字や脱字のチェックだけでなく、インクのにじみやかすれがないか、日付の暦が統一されているかなどにも気を配るようにしましょう。

長く働ける施設を探している人におすすめ!

譲れないポイントを書きだしておこう

転職を成功させるには入職後のミスマッチを少なくすることが大切です。ミスマッチを少なくするために、まずは自分の譲れないポイントを明確にしておきましょう。譲れないポイントとしてよく挙がるのが「給料」と「勤務体制」です。給料は年収を、勤務体制は年間休日数をそれぞれ確認しておきましょう。面倒かもしれませんが、気になるポイントを事前に確認しておくことで入職後にミスマッチを感じずに済み、将来を見据えて長く働くことも可能になります。

不満のある職場から抜け出そう!

不満のある職場から抜け出そう!

職場に不満を持っているのであれば、離職率が高い施設と共通点がないか確認してみましょう。思い当たる点が多いようならその職場はブラック企業である可能性が高いため、このまま働き続けているとそのうち心身にも変調をきたしてしまうかもしれません。悪条件の職場から抜け出して快適な環境で働きましょう! 当サイトに関するお問い合わせは【こちらから】お願いいたします。