イメージとは違う?福祉業界の離職率が高い原因

福祉業界の離職率や原因について知ろう!

福祉業界の離職率や原因について知ろう!
  • 介護業界の離職率はどれくらい?

    世間一般的に介護職などの福祉業界は3Kといわれる仕事のため離職率も高いように思われがちですが、数値だけを見てみると他の産業と比べてもそれほど差がなく、平均的な数値です。それなのになぜ離職率が高いというイメージを持たれているんでしょうか。それは介護職に従事する人の割合や訪問介護と施設介護といった職種の違いや、施設によって労働環境や待遇などに大きな差があることなどが関係しています。離職率の具体的な数値や離職率が高い施設の特徴をご紹介します。

  • 気になる離職理由とは?

    福祉業界の離職率が高い背景にはまだまだ女性の割合が多い職場であることが関係しています。離職の理由の大半を占めているのが、結婚や出産、育児といった一大イベントによるライフスタイルの変化です。ライフスタイルが変化すると現状の形そのままで勤務を続けることは難しくなってしまいます。そのため、女性が多くライフスタイルによって勤務形態が変化するため離職率も高いように感じてしまうのです。また、労働条件や収入に対しての不満も離職の原因として挙げられています。

長く働ける施設を探している人におすすめ!

譲れないポイントを書きだしておこう

転職を成功させるには入職後のミスマッチを少なくすることが大切です。ミスマッチを少なくするために、まずは自分の譲れないポイントを明確にしておきましょう。譲れないポイントとしてよく挙がるのが「給料」と「勤務体制」です。給料は年収を、勤務体制は年間休日数をそれぞれ確認しておきましょう。面倒かもしれませんが、気になるポイントを事前に確認しておくことで入職後にミスマッチを感じずに済み、将来を見据えて長く働くことも可能になります。

不満のある職場から抜け出そう!

不満のある職場から抜け出そう!

職場に不満を持っているのであれば、離職率が高い施設と共通点がないか確認してみましょう。思い当たる点が多いようならその職場はブラック企業である可能性が高いため、このまま働き続けているとそのうち心身にも変調をきたしてしまうかもしれません。悪条件の職場から抜け出して快適な環境で働きましょう! 当サイトに関するお問い合わせは【こちらから】お願いいたします。