離職率が高い施設には注意しよう

注意が必要な施設を見極めよう!

注意が必要な施設を見極めよう!
  • 介護施設は優良企業とブラック企業の差が激しい

    施設系の場合、働いている施設によって労働環境や待遇、条件などが大きく異なります。そのため、挨拶どころかまともにコミュニケーションも取らないため人間関係が破綻していたり、労働環境や待遇が悪いブラック企業の施設は不満も出やすくなるため離職率が高くなってしまいます。職場の雰囲気を良好にするためには働いている職員だけでなくその施設の施設長やリーダーの人柄も大きく左右します。職員のことを考えてくれないような施設長ならば条件の良い環境で働くことは難しくなります。

  • 離職率の高い介護施設の見極め方

    離職率が高い施設は職員のことをあまり思いやっていないところが多く、労働環境や待遇が良いとはいえません。たとえば、採用人数が多過ぎたり絶えず求人募集したりしているような施設は人手が流動的で確保するのが難しい可能性がありますし、年間休日数が少ない施設はきちんと休日が設定されていないことが考えられます。将来を見据えて少しでも長く働きたいと考えているのであれば希望する施設の雰囲気や様子に注視して、離職率が高い施設かどうか見極めましょう。

長く働ける施設を探している人におすすめ!

譲れないポイントを書きだしておこう

転職を成功させるには入職後のミスマッチを少なくすることが大切です。ミスマッチを少なくするために、まずは自分の譲れないポイントを明確にしておきましょう。譲れないポイントとしてよく挙がるのが「給料」と「勤務体制」です。給料は年収を、勤務体制は年間休日数をそれぞれ確認しておきましょう。面倒かもしれませんが、気になるポイントを事前に確認しておくことで入職後にミスマッチを感じずに済み、将来を見据えて長く働くことも可能になります。

不満のある職場から抜け出そう!

不満のある職場から抜け出そう!

職場に不満を持っているのであれば、離職率が高い施設と共通点がないか確認してみましょう。思い当たる点が多いようならその職場はブラック企業である可能性が高いため、このまま働き続けているとそのうち心身にも変調をきたしてしまうかもしれません。悪条件の職場から抜け出して快適な環境で働きましょう! 当サイトに関するお問い合わせは【こちらから】お願いいたします。