離職率が高い原因は「福祉業界特有の労働環境」

福祉業界の離職率の原因に迫る!

福祉業界の離職率の原因に迫る!

当サイト「福祉業界の離職率の原因に迫る!」では労働環境に悩みを抱えている人に向けて、福祉業界の離職率が高い原因をはじめ労働環境や待遇に問題のある施設の見極め方、転職に役立つ情報を紹介しています。転職エージェントが行っているさまざまなサービスを上手に活用してより条件の良い施設への転職を成功させましょう。

カテゴリ一覧

  • 当サイトのプライバシーポリシー当サイトのプライバシーポリシー

    当サイト「福祉業界の離職率の原因に迫る!」では個人情報を守るために細心の注意を払っております。ここでは、当サイトを安心してご利用いただけるように個人情報をどの様に取り扱い保護するかについてやセキュリティ、リンクについて説明しています。ご一読いただいてから当サイトをご利用いただきますようお願いいたします。また当サイトに関するご質問やご不明な点がある場合はページ内のお問い合わせ窓口からご連絡いただければ幸いです。

  • 福祉業界の離職率や原因について知ろう!福祉業界の離職率や原因について知ろう!

    世間のイメージでは福祉業界は離職率が高いと思われているようですが、実際に数値で比較してみると他の産業と比べてもそれほど差はありません。では、なぜ高いように思われているのでしょうか。福祉業界の中でも特に離職率が高いといわれている介護職の離職理由からその原因を探っていきましょう。離職の理由は人それぞれ異なりますが、女性の割合が多い介護職ならではの理由として結婚や出産、育児によるライフスタイルの変化や人手不足による悪条件の労働環境などが挙げられています。

  • 注意が必要な施設を見極めよう!注意が必要な施設を見極めよう!

    離職率が高い原因のひとつに働いている施設の労働環境や待遇に対する不満があります。コミュニケーションが取れておらず人間関係に問題がある、休日があまりなく残業代も出ないといった悪条件の労働環境では不満が出て離職したいと思うのも当然のことです。ですがこれは、すべての施設に当てはまるものではありません。労働環境や条件の悪いブラック企業のような施設に転職してしまうことがないよう、注意が必要な施設かどうか見極めるポイントを紹介します。

  • 長く働けそうな施設へ転職しよう!長く働けそうな施設へ転職しよう!

    少しでも長く働きたいと考えているのであれば、働く施設は慎重に選びましょう。まずは入職後に不満が出ないように自分の譲れないポイントを前もって明確に書きだしておきます。譲れないポイントを明確にすることによって入職後のミスマッチを防ぐことができるため、辞めたいと思うこともほとんどありません。また、転職活動の大きな味方でもある転職エージェントには転職に役立つさまざまなサービスがありますが、採用の可能性を高めるためにもそれらのサービスは積極的に活用するようにしましょう。

長く働ける施設を探している人におすすめ!

譲れないポイントを書きだしておこう

転職を成功させるには入職後のミスマッチを少なくすることが大切です。ミスマッチを少なくするために、まずは自分の譲れないポイントを明確にしておきましょう。譲れないポイントとしてよく挙がるのが「給料」と「勤務体制」です。給料は年収を、勤務体制は年間休日数をそれぞれ確認しておきましょう。面倒かもしれませんが、気になるポイントを事前に確認しておくことで入職後にミスマッチを感じずに済み、将来を見据えて長く働くことも可能になります。

不満のある職場から抜け出そう!

不満のある職場から抜け出そう!

職場に不満を持っているのであれば、離職率が高い施設と共通点がないか確認してみましょう。思い当たる点が多いようならその職場はブラック企業である可能性が高いため、このまま働き続けているとそのうち心身にも変調をきたしてしまうかもしれません。悪条件の職場から抜け出して快適な環境で働きましょう! 当サイトに関するお問い合わせは【こちらから】お願いいたします。